・Soul R&B

・Soul R&B

「天才スティーヴィー・ワンダーの創作意欲絶頂期の集大成です。」Songs In the Key of Life : Stevie Wonder / キー・オブ・ライフ : スティーヴィー・ワンダー

アルバム「キー・オブ・ライフ」は1976年9月28日にリリースされたスティーヴィー・ワンダーの18名目のスタジオアルバムです。レーベルはモータウン。スティーヴィーの創作意欲の絶頂期が続いていた時期で、超弩級の名曲がひしめいています。
・Soul R&B

「“ロックンロールの父”ロックに不可欠なトリガーであり、偉大なるオリジネーター。チャック・ベリーの名曲満載のベスト盤です。」The Great Twenty-Eight / Chuck Berry / ザ・グレート・トゥエンティ・エイト : チャック・ベリー

チャック・ベリーは抜群のセンスと才能によってはっきりしたマーケット戦略をしました。ティーンエイジャーに向けて学校や恋愛を軽やかにエイトビートに乗せて歌います。高速のR&Bにカントリーの物語性をつけた踊れる音楽は熱狂的に受け入れられました。
・Soul R&B

「1971年の(フォークとロック)/(ソウルとファンク)の邂逅、SSW ✖️ アイズレー・ブラザーズ」Givin’ It Back : The Isley Brothers / ギヴィン・イット・バック : アイズレー・ブラザーズ

ソウル、ファンクバンドでロックの曲をカバーしたバンドがありました。それが今回のアイズレー・ブラザーズです。 1971年にアルバム「ギヴィン・イット・バック」がリリースされました。「それを返してください」というアルバムタイトルは意味深です。
・Soul R&B

「ファンク、ゴスペル、レゲエのニューオリンズ風味、1980年代を代表するニューオリンズの老舗バンド」Yellow Moon : The Neville Brothers / イエロー・ムーン : ザ・ネヴィル・ブラザーズ

ニューオリンズのリズムといえばセカンドラインです。セカンドライン・ファンクの雄、ザ ・ミーターズから派生したバンド、「ザ ・ネヴィル・ブラザーズ」はこの1989年にリリースした4枚目の名盤「イエロー・ムーン」で世界的にブレイクしました。 
・Soul R&B

「殿下の本領発揮、1980年代最高傑作とされる名盤」Sign ‘O’ The Times : Prince / サイン・オー・ザ・タイムズ : プリンス

プリンスの数あるアルバムに中でも最高傑作と評価される「サイン・オー・ザ・タイムス」です。 1987年にプリンスの9枚目のアルバムとしてリリースされました。これぞ殿下の本領発揮、1980年代最高傑作とされる名盤です。
・Soul R&B

「Mr.ジェントル・ジーニアスと呼ばれた男の最高にクールでファンキーなR&B、ソウルの名盤です」Back to the World : Curtis Mayfield / バック・トゥ・ザ・ワールド : カーティス・メイフィールド

「バック・トゥ・ザ・ワールド」はアメリカのソウル・シンガー、ソングライター、ギタリストであるカーティス・メイフィールドのソロ第4弾として1973年にリリースされました。最高にクールでファンキーなR&B、ソウルの名盤です
・Soul R&B

御意!、殿下は気まぐれに一般庶民にもわかりやすい、受けるアルバムを作ってくれました。Purple Rain : Prince and the Revolution / パープル・レイン : プリンス・アンド・ザ・レヴォルーション

殿下は時々、庶民の場所までわざわざ降りてきて、わかりやすい音楽を披露してくださるのです。そしてわれわれ一般庶民は嬉々としてウレションしながら感謝の涙を流すのです。もうそう言う存在です。実際に彼は知るほどに天才的なマルチプレイヤーです。
・Soul R&B

「ここからアイズレー兄弟+クリス・ジャスパーの黄金体制が始まります。ポップで洗練された名曲がいっぱいの名盤」3+3 : The Isley Brothers / アイズレー・ブラザーズ

 2023年の現在、1962年デビューのザ・ローリング・ストーンズを超える信じられないような長寿のバンドがいます。そしてなんと創設者がまだ現役バンドリーダーです。彼はバンド発足以前の1954年からプロ活動を...
・Soul R&B

「神の声を持つ男、その2 世界から“ジーニアス(=天才)”と言われたレイ・チャールズの初期シングル集です」The Singles Collection 1949-62 : Ray Charles / ザ・シングルズ・コレクション : レイ・チャールズ

 ジーニアス : 天才と言われる人は数多くいます。 ブラック・ミュージックの世界で誰もが認める天才といえばこの人、レイ・チャールズです。神の声を持つ男、その1 サム・クック、その3オーティス・レディン...
・Soul R&B

「神の声を持つ男、その3 サザンソウルの至宝と呼ばれたSTAXの人気者」Otis Blue : Otis Redding / オーティス・ブルー : オーティス・レディング

 1960年代にソウル、R&Bのみならずロックやポップスにも強い影響を与えたオーティス ・レディングです。 惜しむらくは絶頂期の1967年12月10日に飛行機事故で亡くなられました。生まれが1941年...
・Soul R&B

「神の声を持つ男、その1、ゴスペルからソウルへの道を築いた比類なき歌声」The Man And His Music : Sam Cooke / ザ・マン・アンド・ヒズ・ミュージック : サム・クック

 サム・クックは ”神の声を持つ男” でした。「キング・オブ・ソウル」と呼ばれています。ソウルミュージックのファンなら絶対に異論のでないであろうキャッチフレーズです。未だ世界中に彼を目標とするフォロワーが後を立ちま...
・Soul R&B

「ゴッドファーザー・オブ・ソウル、ミスターJB」Funk Power 1970 : A Brand New Thang / James Brown / ソウル・パワー:ジェームス・ブラウン

 “ソウルのゴッドファーザー” ジェームス ・ブラウン 1970年リリースのスタジオアルバム「ファンク・パワー」です。そのものズバリ、ファンキーサウンドの塊です。 ジェームス・ブラウンは多作で最終的にはスタジ...
・Soul R&B

「ゴスペル・ミュージックの金字塔」Amazing Grace : Aretha Franklin / 至上の愛 : アレサ・フランクリン

 クイーン・オブ・ソウルと呼ばれたアレサ・フランクリンです。1967年からアトランティック・レコードで数々の珠玉のソウル・ミュージックをリリースしました。「アイ・ネバー・ラヴド・ア・マン」、「レディ・ソウル」「アレ...
・Soul R&B

「ニューオリンズ・セカンドライン・ファンクの教科書」The Meters 1st / ザ・ミーターズ

 ディス イズ ニューオリンズ・ファンクの「ザ・ミーターズ」の1969年リリースのデビューアルバムです。このアルバムは徐々に評価を高め、今ではニューオリンズのリズムを代表するアルバムとなっています。リリース...
・Soul R&B

「早熟の天才から異次元の天才へ」Talking Book  : Stevie wonder / トーキング・ブック : スティーヴィー・ワンダー

11歳でモータウンと契約してヒット曲を次々と飛ばした早熟の天才です。が、それで終わる天才ではありませんでした。 さらに1971年、20歳を超えた時にモータウンと交渉して完全に自分で自由にコントロールできる音楽を作る権利を得ました。
・Soul R&B

「世界を変えたソウルミュージック」What’s Going On : Marvin Gaye / ホワッツ・ゴーイン・オン : マーヴィン・ゲイ

このアルバムが本当にすごい影響力を持っていると感じたのは没後の1980年代終盤から90年代になってからです。ネオ・ソウルというジャンルが流行っていた時には「ホワッツ・ゴーイン・オン」はソウルを象徴する曲として扱われました。
・Soul R&B

「ニューオリンズ音楽絵巻」Dr.John’s Gumbo : Dr.John / ガンボ : ドクター・ジョン

ご紹介するアルバムは1972年リリースのドクター・ジョンがニューオリンズ・スタンダードを集めた「ドクター・ジョンズ・ガンボ」です。 ガンボとはニューオリンズ名物、ソウルフードであるごった煮シチューです。
タイトルとURLをコピーしました